お金を貯めたいなら家族で仲良くすること

私が思うに、本気でお金を貯めようと思うなら、一番大切なことは家族が仲良く暮らすことのように思う。
家族がバラバラの家庭では、お金は貯まりにくい気がする。
それは、団結して節約することも出来なければ、互いの苦労を理解したり協力しようとする気持ちにもなれないからである。
仲の悪い家庭では、いつも自分の事しか考えていないし見てはいない。
少しでも自分が損をすれば憤るし、誰かの役に立とうなんてまるで思わない。
そんな気がするのである。
家族が仲が良ければ、互いに協力して節約もしようと思う。
なぜ節約したいのかきっと家族に分かるように説明もするだろうし、家族の方もちゃんとそれを聞こうとするだろう。
そして、一緒の部屋で過ごす時間が長ければ光熱費だって随分減らせる。
夏場のクーラーだって一つ使うだけ良い。
寒い冬も、一つの部屋を快適に温めるだけで十分なのだから。
些細な事かもしれないけれど、日々の積み重ねで結果かなりの節約が可能になる。
もし仮に収入が多くない場合でも、こうやって支出を減らして十分対応できるのではないだろうか。
お金を貯めたい理由。
まずはそれを明確にすることである。
そして、家族が協力しなければできないことであることも分かって頂きたい。
お金がたくさん貯まったら何をしようか。
我が家だったら間違いなく旅行である。
アジアの屋台めぐりも良い。
賑やかな町を家族でゆっくり歩きたい。
節約して、そんな楽しい目的を果たすのも良い。
頑張れば、やりたいことができるという教えにもなるのではないだろうか。
前向きで良い教え。
私はそう思っている。

»